高額療養費制度について
医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、
その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢や所得に応じて定められており、
いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間での世代間公平が図られるよう、負担能力に応じたご負担をいただく必要があります。

そのため、平成29年8月から、70歳以上の皆さまの高額療養費の上限額について、段階的に見直しを行っています。
※ 69歳以下の方の上限額は変わりません。

皆さまのご理解をお願いいたします。

上記は厚生労働省のホームページより引用させていただいたものです。

このような制度があることも当時よくわからなかった私だが
これに関してはこの制度が使えるときは病院から案内されるようになって覚えたことである。

昨今、医療費が問題になることがテレビなどで放送されることがあるが
このようにして医療費がかさんでいくのはこれからの日本にとってどうかと思うというのは、今日のところはこらえておこうと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です