先のバス事件より数か月たったころの話だ

私がまだ高校生ぐらいのころだったか
2代目センチュリーが発売されたはずだ。

車好きの成金親父は平成初期こそ 年収3000万ほどあったようだがそのころには 会社は赤字、借金を返すので苦労するようになり2代目センチュリーを買えるほどの収入もなく、
まるで少年のようにパンフレットやビデオを見ているだけだった。

車の免許を取ったばかりの私に運転させ、センチュリー見に行こう!と二人車で出かけたのは この時一度きりでそれより前にも後にもない出来事である。

そんな親父がセンチュリーを買うと言い出したのだ!!
あの私が自腹を切った100万円でセンチュリーを買うと言い出したのだ。どこでどうやって調べたかはわからないが
100万円以下で買えるということを調べたみたいだ

親父は親戚に電話をしセンチュリーを買ってきてほしいと頼んだみたいだが親戚には「もうやめとき」とあっさり断られたみたいだ。

ちなみにこの親戚はバス事件の親戚の兄である。

あきらめきれない親父は自分でセンチュリーを買いに行くと言い出した。

車の運転など10数年はしていない親父を止め、私が「買ってくるからもう少し待て。」とその時はなんとか止めたのだが

それからというもの毎日のように車を買いに行くと暴れる親父。 毎日のように母からかかってくるSOSの電話。

根負けした私は熊本まで激安のセンチュリーを買いに行った。
総額数十万円の激安センチュリーだ。
親父は車の免許を持ってはいるが、運転自体は10数年していないので乗ることはないだろうと
とりあえず安い車を見つけて買いに走ったのだ。その作戦は功を奏したのか、これより現在まで車で暴れることはなくなった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です