私も100を切れない頃全く考えてなかったことなのですが

当時、友達に100を切った奴がおりまして

この事を習いました。

これをしったらあっという間にスコアが縮まったので皆さまも何となく覚えていてください

https://www.rbbtoday.com/article/img/2013/03/29/105427/281181.html

画像はこちら↑から使わせていただきました。ありがとうございます。

100切れない人のほとんどがこの事を気にしていません

そして面白いことに打ち下ろしのほうは自分の思っている距離よりも実際に跳んでないことが多いので問題ないことが多いですが

上りとなると全然距離が足りないという事が多々起きていると思います。

特に日本は山岳コースのようなコースでアップダウンが多いのでこれを覚えなければ100切りまで長い長い道のりになってしまいます。

正確に何度ぐらい登っているか、何メートル登っているかなんてわからないので間隔で打っていくしかないのですが

数値的に直せば100y先の狙いたいところが8m登っていれば約1番手あげるイメージですPW→9Iというところですかね。

グリーン奥の状況が良ければ(OBではないなど)思い切って8Iでも良いかもしれません。

これだけでなく構えたときのスタンスの角度なども関係あるのですがこれは100切りをしてからでも十分ですのでこの話はまたのちにいたしましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です